増田 拓矢君が JCREN2017にてベストオーラルプレゼンテーション賞を受賞

理工学研究科生産環境工学専攻機械工学コースの増田拓矢君は,2017年10月12-14日にタイ・バンコクで開催された,再生可能エネルギーとナノテクノロジーに関する国際会議(JCREN2017)にて,ベストオーラルプレゼンテーション賞(Best Oral Presentation Award)を受賞しました。講演題目は【Synthesis of tin nanoparticles by pulse discharge in water and aqueous gelatin solution】でした。表彰式は13日に会議のバンケット中にとりおこなわれました。。